東京湾大感謝祭2018 サテライト企画「京浜港ドック見学会&海の潜水士デモンストレーション」

土木遺産の文化的価値の評価や地域・社会の皆様への理解を深めていただくために、国土交通省関東地方整備局が所有する「京浜港ドック」(横浜市神奈川区)の見学会を実施します。

京浜港ドックは、1926年(大正15)に完成した、大型ケーソンを製作するドライドックで、近代横浜港の整備に大きな役割を果たしました。平成29年9月には、土木学会選奨土木遺産にも認定されました。見学会では、関係者以外の立ち入りが制限されている歴史的な建造物を間近で見ることができます。見学会と同時に、海水を注水したドック内で潜水士による潜水作業のデモンストレーションを実施します。

■京浜港ドック見学会および海の潜水士デモンストレーション
開催期間 : 平成30年10月20日(土)~平成30年10月21日(日)
開催時間 : 10:00~17:00(最終日は16:30)
会 場 : 京浜港ドック(横浜市神奈川区山内町1-2)
備 考 : 東京湾大感謝祭の会場(横浜赤レンガ倉庫)から無料連絡バスがあります。
※京浜港ドックに直接来場も可能ですが、駐車場はありません。ご注意ください。

詳しくはコチラからご覧ください。