本文へスキップ

東京湾再生官民連携フォーラムは東京湾再生を官民で考え、共に連携・協働する組織です。

TEL. 03-5408-8298

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-1-10 第2虎の門電気ビル4階 (一財)みなと総合研究財団内

プロジェクトチームのご紹介PROJECT TEAMS

プロジェクトチームの活動

 東京湾の環境に対する取組活動や東京湾のシンボルともなる「江戸前」の再興を通して、会員を中心にして、連携や協働活動を行っています。プロジェクトチームは、自主テーマとなるミッションを掲げ活動を実施しています。
それらの活動を通して生み出される東京湾再生への多様な意見は、フォーラム全体で取りまとめられ、東京湾再生推進会議(※)に提案されます。

<政策提案実績>
○平成26年11月17日(月)「新たな指標に関する提案」と「指標についての解説書」を提案
http://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000100.html

○平成28年2月18日(木)マコガレイの産卵場を再生するため等の「生き物生息場つくりに関する提案書」を提出
http://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000114.html

〇平成29年3月30日(木)「東京湾パブリック・アクセス方策に関する第一次政策提案」を提出
http://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000138.html

※ 東京湾再生推進会議は、東京湾に関連する11の省庁(部局)及び9つの地方自治体により構成されて、平成25年5月に「東京湾再生のための行動計画(第二期)」を策定し、それに基づき東京湾の環境改善のための施策を実施しています。

みんなの東京湾、みんなで再生

 東京湾再生官民連携フォーラムの活動は、東京湾を再生することをめざして平成25年11月23日にスタートしました。フォーラムには、現在9つのプロジェクトチームがあります。美しい東京湾の未来環境を目指したグループが集まり、連携し東京湾のシンボルともなる「江戸前」を身近に感じる東京湾に取り組んでいます。東京湾で遊ぶ、学ぶ、働く、住む、楽しむ、食べる、勤めるなど、東京湾に想いの有る方や会員の方々によりフォーラムの活動は支えられています。
 PTチームの活動を通して生み出される提案は、フォーラムで取りまとめられて、東京湾再生に役立てていきます。
・ 会員総会が年に一度開催されます。
・ 年4回、フォーラムの活動を決める企画運営会議を行っています
・9つの多様なプロジェクトチームが、東京湾の再生活動に取り組んでいます
・ 年1回、「東京湾大感謝祭」を開催し、東京湾の再生を確認し、環境の大切さを表現し、東京湾からの恵みに喜びと海の大切さを呼びかけています。PTチームによる展示やプレゼンテーションが行われます。PT活動の成果も発表しています。

東京湾再生プロジェクト活動

東京湾大感謝祭PT江戸前ブランド育成PT指標活用PTモニタリング推進PT生き物生息場つくりPT東京湾パブリック・アクセス方策検討PT東京湾での海水浴復活の方策検討PT浅瀬再生実験PT東京湾の窓PT

東京湾大感謝祭PT

21世紀にふさわしい東京湾を目指して
東京湾からの恵みに感謝!みんなで東京湾を楽しもう。
横浜・赤レンガ倉庫で毎年10月 東京湾大感謝祭開催

1.名前

本PTは、「東京湾大感謝祭PT」と称する。(PT長 海辺研 木村理事)

2.ミッション

東京湾各地で行われている様々なイベント等を集約・創出し、東京湾に触れあい、学び、楽しみながら、環境について学ぶ機会を提供する。

3.具体的な活動内容

・東京湾大感謝祭の期間を設定し、東京湾大感謝祭を盛り上げるための企画・運営を行う。
・東京湾への関心、親しみを呼ぶための啓発・広報活動
・東京湾大感謝祭実行委員会の組織設置から企画・運営
・東京湾大感謝祭の実行委員会の開催(1回/月の頻度)

 東京湾は背後に大都市を抱え沿岸住民は3,000万人とも言われています。湾岸地域には今や高層マンションが林立し、多くの観光客が訪れています。私たちの生活とともに排出される生活排水やゴミ、さまざまな産業が与える環境負荷などが、赤潮の発生や水産動植物に大きな影響を与えるなどの多くの問題が発生しています。東京湾大感謝祭は、市民や企業、団体と国や自治体がともに、海の再生を考え、行動するきっかけを提供する場として、2013年秋に初開催しました。2014年より、横浜・赤レンガ倉庫とその周辺海上を舞台に会場を移し、毎年晴天に恵まれ開催期間中、累計約10万人前後の来場者をお迎えすることができるようになりました。市民やNPO組織、企業、団体、国、自治体、大学・研究所、研究機関の関係者が、企画を持ち合い、東京湾への関心興味を引くコンテンツを用意しながら、ボランティア活動として始まりました。
21世紀にふさわしい東京湾を描くため毎年、海に親しむことをテーマに、遊び、学ぶ、楽しみながら開催していきます。是非、会場にお越しください。

≪将来的≫
・東京湾大感謝祭週間を設けて、東京湾のイベントをPRする。
・東京湾大感謝祭とコラボできる港など関連深いイベントとの連携
・東京オリンピックとのコラボ


東京湾大感謝祭HP
PDF:6.64MB
東京湾大感謝祭2016
東京湾大感謝祭2016オープニング司会
東京湾再生アンバサダー
日本テレビ放送網(株)アナウンサー 桝太一氏

◇ イベント詳細および報告 ◆イベント詳細  ◆報告書 

江戸前ブランド育成PT

東京湾を代表する「江戸前」
今の江戸前の魅力をみんなで創り出そう!

1.名前

本PTは、「江戸前ブランド育成PT」と称する。(PT長 水産研究・教育機構 牧野グループ長)

2.ミッション

多くの魚介類が獲れる東京湾の魅力を、「江戸前」という言葉に乗せて、加工品や料理の魅力を具体的に味わうことのできる東京湾として発信し、高度成長期の湾岸開発による被害から立ち直りつつある都市隣接型のこの海を、我が国、ひいては世界における再生のモデルとして、広く伝えることをねらいとする。またその活動を通して、湾岸に住む人の暮らしの変化に伴いこれからも変わりゆくであろうこの海の、過去・現在・未来の姿を、「江戸前の魚」を通して検証し、この海のブランド性を追究する。

3.具体的な活動内容

東京湾の魚介類を扱う水産関係者や企業、マスコミ、各種活動団体等と連携し、「江戸前の魚」が、中身もよく理解された確固たるブランドとなるような方策を検討するとともに、一般国民の「江戸前」に対する認識が、より明確な具体的なものとしてイメージできるよう、料理だけでなく、あらゆる表現媒体を駆使して継続的に発信する。

“江戸前”という文化・ブランドの価値を高めることを目指して
 東京湾の水産物について将来的にブランド化を検討するためには、まずは東京湾の海の幸のことを知っていただき、食べていただくことこそが大切。そうして各家庭の食卓と東京湾のつながりを日々の食生活のなかで取り戻し、また意識していただくことにより、人々の日々の行動の変化(東京湾の環境を考えたライフスタイルへの変化)を促し、それが最終的に東京湾の再生に直接的に貢献する。
・江戸前水産物について知っていただき体験していただく
・東京湾大感謝祭2017の企画立案・実施
・新体制下における江戸前PTの活動方針の再検討、など

東京湾大感謝祭2016
食の旨味成分グルタミン酸とイノシン酸
(東京湾大感謝祭2016)
東京湾大感謝祭2016
東京湾大感謝祭2016における食の旨味成分のお話

平成28度活動報告
・7月21日 新PT長就任(水産研究・教育機構 牧野光琢)
・8月~9月 東京湾大感謝祭にむけ水産関係団体からの協力体制を構築(全漁連、大日本水産会、東京水産振興会、味の素、等)
・10月21~23日 東京湾大感謝祭2016にて江戸前情報発信(テントでのポスター展示、パンフレット配布)、ステージ企画の実施(うまみ体験)、Wonder Caféで江戸前の発表
・12月26日 モニタリングPT主催、環境一斉調査ワークショップへの参加、H28東京湾マップにおける、江戸前関連情報の整理・提供。
・1月~2月 東京湾大感謝祭2017の企画立案の開始、関係団体との協議開始
・2月24日 東京湾大感謝祭2017実行委員会において企画案(Ver.1)の報告
・3月末 PT会議の開催、大感謝祭企画案およびPT活動方針の協議

平成29年度活動計画
・東京湾大感謝祭2017の企画立案・実施
・新体制下における江戸前PTの活動方針の再検討、など


指標活用PT

東京湾を知る指標には、生きものの生息場所、ごみの量や公園施設利用者数、イベントの開催回数など、さまざまな指標があります。みんなで研究をした成果が、平成26年提案書になりました。平成27年度から新しく「指標活用PT」として、さらに充実した活動を始めました。

<指標の政策提案詳細> 国土交通省 報道発表
http://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000100.html
新しく東京湾を表す指標をつくりました。みんなで有効に活用できる指標データをサポートします。『指標検討』のステップから、活用へと。『指標の効果的活用』のステップとしていろいろなデータ収集をおこないます。

1.名前

本PTは、「東京湾再生のための行動計画の指標の活用PT」と称する。(PT長 国総研 岡田室長)
※ 本PTは、「東京湾再生のための行動計画」の指標検討PTが、平成26年の政策提案をもって活動終了
次ステップとして、新しく指標活用PTとして継続し活動を行っている。

2.ミッション

東京湾再生官民連携フォーラムが提案した指標を、多様な主体(行政(東京湾再生推進会議)、NPO、民間(企業)および大学・研究機関等)が効果的に活用することをサポートし、東京湾再生のための行動計画(第二期)の全体目標が達成されることを支援する。

3.具体的な活動内容

① 行政(東京湾再生推進会議)とNPO・民間(企業)、大学・研究機関との情報共有のサポート
②市民活動データの収集のサポート
③指標に関する相談

東京湾大感謝祭2016
2015年度データの展示説明
(東京湾大感謝祭2016)

平成28度活動報告
■市民活動データの収集
指標PTが提案した28項目の指標の中には,市民活動データ等、行政では収集が困難な指標がある。
指標活用PTは、そのデータの収集のサポートをする。
◇収集内容
・市民によるゴミ回収活動の参加者数
・水遊び空間における水難事故防止のための監視・パトロール活動回数
・東京湾の環境に対して取組を行っている企業・団体等の数
・水遊びイベント・環境学習イベント等の参加者数
・藻場の箇所数
・東京湾再生推進会議の中間報告に収集結果の情報提供
◇収集データ結果
2015年度実績 [PDF:4.9MB]

平成29年度活動計画
■市民活動データの収集
・調査方法を改良
・結果は東京湾大感謝際でポスター展示予定
■指標および評価方法の見直し・検討
・東京湾再生推進会議の中間報告を受けて,推進会議と協働し,次について検討
・各指標の考え方(具体の収集データの種類)
・各指標の評価手法


モニタリング推進PT

みんなで知る江戸前の海、東京湾の健康診断・環境を探ります。
毎年、「東京湾環境マップ」を作成!

1.名前

本PTは、「東京湾環境モニタリングの推進PT」と称する。(PT長 横浜国立大学 古川教授)
キャッチコピーは「みんなで知る江戸前の海、東京湾」

2.ミッション

東京湾の現状を把握し、その変化傾向や変化機構を探ることが再生の礎となるという重要性に鑑み、東京湾再生推進会議(以下、推進会議)と協働し、モニタリングの実施及び成果についての普及、啓発を推進することをミッションとする。主な対象事業として、推進会議の実施する「東京湾における流域および海域の環境一斉調査(旧称:東京湾水質一斉調査)」(以下、一斉調査)を対象とする。

3.具体的な活動内容

・推進会議と共催で一斉調査等のモニタリング成果について広く関係者、一般市民と共有するための整理、とりまとめのためのワークショップを実施する。
・そうした成果を、報告書やマップとしてとりまとめ、 フォーラムにおいて「東京湾再生を考えていくための基 礎資料」として発表、採択され、広く共有される記録となることを目指す。
・必要があれば、一斉調査の事務局会合などにオブザーバ参加するなどし、調査の内容、実施方法等に関し、推進会議へ提案する。
・PTの構成メンバーは、種々の活動の意見を反映し、多様な関係者と成果を共有できるよう、行政関係者、研究者、専門家、漁業関係者、釣人、マリンレジャー関係者、企業関係者、NPO、教育関係者、一般市民からなるメンバー構成を目指す。
・年間の活動としては、PT会合、一斉調査への参加※ 、2回程度のワークショップ※、フォーラムでの報告を想定している。(※は、推進会議との協働事業)。

↓平成28年度版 東京湾環境マップ 抜粋 詳細は下記関連サイト

東京湾マップ
平成28年度東京湾環境一斉調査結果
関連サイト:今までの東京湾環境マップ

平成28年度活動報告
(1)PT会合
 ・適宜メールベースで情報伝達(一斉調査関連、生物調査関連、マップ作製など)
 ・下記ワークショップ開催に合わせてPT会合を実施
(2)東京湾環境一斉調査
 ・東京湾再生推進会議モニタリング分科会打合せ
 (第1回 4月22日:役割分担など 第2回 7月14日:実施について)
 ・東京湾環境一斉調査への協力・参加
 (水質調査 基準日:8月3日、予備日:9月7日 生物調査 7月~9月 環境啓発活動 7月~9月)
■モニタリングPTからの登録状況
 ・水質調査・生物調査(みずとみどり研究会)
 ・親子ハゼ釣り教室、夏休みボランティア(浦安水辺の会)
 ・アサリわくわく調査(モニタリングPT:協力 国総研、東邦大)
 ・江戸前ハゼ復活プロジェクト(横浜国大、東京水産振興会、国総研)
 ・ワークショップ開催およびマップ作製
 ・12月26日に海上保安庁海洋情報部にて一斉調査WSを開催
 ・Vol.11の東京湾環境マップを「江戸前」をテーマに取りまとめることとした
 ・江戸前PTとも連携し、1月中に原稿作成、2月中に両PTおよび東京湾再生推進会議モニタリング分科会(九都県市、湾岸自治体含む)に照会後、国総研において印刷
(3)生物調査の実施
東京湾環境一斉調査と連携し、PTとしての連携実施を支援し、モニタリング分科会のとりまとめに関連資料を提出した。
アサリわくわく調査結果:
http://www.ysk.nilim.go.jp/kakubu/engan/kaiyou/asari/
マハゼの棲み処調査結果
http://www.meic.jp/mahaze/

平成29年度活動予定
(1)PT会合
 ・適宜メールベースで情報伝達(一斉調査関連、生物調査関連、マップ作製など)
 ・下記ワークショップ開催に合わせてPT会合を実施
(2)東京湾環境一斉調査
 ・東京湾再生推進会議モニタリング分科会打合せ
 (第1回 5月9日:古川・風呂田先生オブザーバ参加)
 ・東京湾環境一斉調査への協力・参加
 (水質調査 基準日:8月2日、予備日:9月6日 生物調査 7月~9月 環境啓発活動 7月~9月)
 本年度は、生物調査へのテコ入れを予定。生物調査として、干潟調査(新設)を奨励し、その他調査(従来の形の自由な調査)とともに7月から9月にかけて実施することとなった。とりまとめは水産庁が担当。
■モニタリングPTからの参加予定
 ・水質調査・生物調査(候補:みずとみどり研究会等)
 ・親子ハゼ釣り教室、夏休みボランティア(候補:浦安水辺の会等)
 ・アサリわくわく調査(モニタリングPT:協力 国総研、東邦大)
 ・江戸前ハゼ復活プロジェクト(横浜国大、東京水産振興会、国総研)
 ・荒川河口部・新砂干潟調査(江東エコリーダーの会)
 ・三番瀬水質調査(東京大学)

 ・ワークショップ開催およびマップ作製
 調査事後に一斉調査WSを開催予定(11月下旬~12月上旬:東京湾再生推進会議モニタリング分科会と併設)Vol.12の東京湾環境マップの作成(2月7日入稿予定)
<関係先>
◇東京湾環境一斉調査 調査結果報告
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TB_Renaissance/Monitoring/General_survey/index.htm


生き物生息場つくりPT

生き物の生息場を創出するアイディア提案を行います。
東京湾に棲む生きものに注目したら・・たくさんの種類が見えてきます。

1.名前

本PTは、「生き物生息場つくりPT」と称する。(PT長 東京大学 佐々木教授)

2.ミッション

多様な関係者が連携し、生き物の生息場を創出するアイディアを提案する。また、これらの活動のうち、民が主体的に実施できるものについては、その枠組、メリット(インセンティブ)、PR方策等について整理・検討する。

3.具体的な活動内容

・企業とNPO等とが連携し、民が主体的にアマモ場の再生に取り組めるよう、企業にとってのメリット(インセンティブ)、一般市民への興味参画を促進するPR方 策等について検討する。
・水産・港湾等が連携し、生き物の生息に適した場の創出に関するアイディアを提案し、その取組を企画する。
・PTのメンバーは、多様なニーズ及びアイディアを抽出するため、研究者、漁業者、NPO、水産、行政等の多様な構成とする。

平成28年度活動報告 第2期活動
第1回PT会議:3月25日
「生き物生息場つくりに関するアイデアと共通認識の醸成」に向け、当面、勉強会形式でPT活動を実施。
第3回PT会議:9月1日
〇話題の提供:
 ・塚崎氏(産業技術総合研究所)より「製鋼スラグと浚渫土を活用したアマモ場創生技術」について
 ・「マコガレイ産卵場の底質改善に関する提案」大村氏(国土交通省関東地方整備局)のフォローアップに関連する話題提供
〇東京湾大感謝祭への取り組み
 今年度の東京湾大感謝祭においては,当PTとしてパネル展示およびパンフレットの配付を行うこととした.加えて、生き物の展示等、検討していくこととした。
第4回PT会議:11月9日
平成28年度の東京湾大感謝祭に関するレビューと平成29年度に向けた企画について議論を行った
第5回PT会議: 1月17日
〇話題の提供:
 ・PTメンバーの風呂田氏から,東京湾内河口部の塩性湿地や泥干潟における生物多様性を踏まえた環境再生の提案に関する話題提供
〇WGを構成(ワーキンググループの設置)
 ・政策提案「マコガレイの産卵場の底質改善」の具体化に向けた協議を行った
 ・再生目標WGの設置
第6回PT会議:3月29日
 ・政策提案「マコガレイ産卵場の底質改善」の具体化に向けた検討と再生目標に関する議論、および平成29年度東京湾大感謝祭における企画の検討を進めていく予定である。

平成29年度活動予定
・再生目標WGの議論の深化
・政策提案「マコガレイ産卵場の底質改善」の具体化
・東京湾大感謝祭2017における企画の検討


東京湾パブリック・アクセス方策検討PT

東京湾に親しみ、近づくと・・、新しい発見ができます。
みんなが手軽に海に行ける既存のアクセスを広く紹介します。
市民、生活者が利用できる海浜公園の活用情報をまずは検討していきます。

1.名前

本PTは、「東京湾パブリック・アクセス方策検討PT」と称する。(PT長 横浜創造まちづくり学会 竹口会長)

2.ミッション

土地所有者、企業組織体、行政などの協力により、多くの魅力的な東京湾へのアクセス方法を検討・実証推進していくため、官民の異なる立場を相互理解し、PT活動期間中に実現できる目標設定を掲げて活動を推進する。より具体的には、「人々が、手軽に海に行ける既存のアクセスを広く紹介する」、「現状ではアクセスが困難な地域について、既存の社会資源等を有効活用しながら官民が一体となってアクセスの拡充方策の検討する」などを行い課題解決や方策の検討をし、政策提案する。

3.具体的な活動内容

①パブリック・アクセスの必要性の確認
②海へのアクセスの現状把握と海へのアクセスの現状をマッピングする。
③モデルルートの設定
 ・地図化と隘路及び活用社会資源の把握
 ・アクセスを具体化するための方法論の検討
 ・整備手法とモデルルートの提案
④多様なアクセスの設定と実現化方策の提案
⑤アクセスの魅力アップ方策の検討
⑥アクセスの情報提供システム
⑦アクセスを生かした海岸・海洋利用の提案
⑧進行管理と見直し
*作業過程で、適宜に現地調査を行う。

≪スケジュール予定≫
初年度:①②③ 次年度:④⑤ 三年度以降:⑥⑦⑧
(注1)年次別の成果物をフォーラムの提案活動に資するよう意図する。
(注2)行動計画を具体化する取り組みであり、関係者の強化醸成を意図する。

平成28年度活動報告
〇平成29年3月30日「東京湾パブリック・アクセス方策に関する第一次政策提案」を提出
1 PТ会合開催状況
 ・偶数月に開催(年6回)
 ・他に、メンバーの一部で現地調査

2 第一次政策提案(案)の取り纏め
 ・上半期において過去2年余の検討結果を「第一次政策提案」として取りまとめた。
 ・取りまとめにあたって、フォーラムの会員、なかでも企画運営委員の方から貴重なご意見を賜った。
 ・この過程で、湾岸域自治体の皆様と意見交換会を開催した。
 ・原案のとりまとめにあたっては、これらの意見と事務局の示唆を最大限反映するように努めた。
 ・10月22日に開催された東京湾再生官民連携フォーラム総会において、原案を承認いただいた。
 ・今後は政策提案がなされたのち、東京湾再生会議とその具現化に向けて協議をする。

3 第二次政策提案(最終提案)に向けて以下の方向を確認した。
 ・工場等民間敷地の活用方策を検討する。
 ・海(川)からのアクセスを検討する。
 ・他のPTの研究成果をパブリック・アクセスに反映する。

4 海(川)からのアクセスの検討
 ・東京湾における関東地方整備局、東京都、品川区等の社会実験の成果を学習
 ・大変大きな効果があったが、日常的には東京湾の資源を十分活用していないので、当PТの取り組みいかんでは有効な取り組みとなる可能性を確認した。

現地調査資料
パブリックアクセスPT
現地調査 (2014.11.30)
↑画像クリックで開きます

平成29年度活動計画
1 政策提案のフォロー
 ・政策提案がなされたら、その具現化に向け、東京湾再生推進会議との調整にあたる。
 ・沿岸自治体の要望に応じて個別の説明等を行う。

2 第二次政策提案に向けて
(1)民間企業所有地の活用について
 ・現時点までのヒアリングにおいて、個別事業所ごとに、管理規則が異なること、管理体制が相違すること等の課題が見えているので、個別事業所ごとのヒアリングを進め、その利用方策のあり様を検討する。
 ・一般的なルール化が可能か、個別対応が必要か等を検討する。
(2)海・川からのアクセス
 ・海・川からのアクセスは非日常的であり、参加者の海への関心の喚起策には効果的であり、その具体化に注力する。
 ・検討の手始めに運航船の接岸可能場所を特定する。(既存の大型桟橋を含む)
 ・更に、運行コースを充実するための新桟橋の整備も視野に入れる。
 ・モデルコースのコンテンツと提供情報の内容を検討する。
 ・学校教育との連携、観光業の振興も視野に入れる。
(3)他のPTとの連携
 ・他のPTの検討状況を注視し、パブリック・アクセスの視点場等を増加させる。

3 その他
 ・PТ会合は偶数月、年6回を予定する。
 ・PТチーム員により、適時に現地調査、ヒアリングを実施する。


東京湾での海水浴復活の方策検討PT

東京湾で海水浴実験!葛西海浜公園

1.名前

本PTは、「東京湾での海水浴復活の方策検討PT」と称する。(PT長 ふるさと東京を考える実行委員会 関口理事長)

2.ミッション

「快適に水遊びができ、親しみやすく美しい「海」を取り戻す」という目標に近づくため、官民の異なる立場を相互理解し、PT活動期間中に実現できる目標設定を掲げて活動を推進します。より具体的には、東京湾における海水浴の可能性検討や試行経験の交流を行い、課題解決の検討や試行拡充の方策の検討をし、政策提案をします。

3.具体的な活動内容

東京京湾奥の海水浴の必要性と事例紹介をホームページ、マスコミ等を通じて行うなど、啓発活動を行います。また、「現在の市民ニーズ」や「海水浴を可能にするうえでクリアすべき事項の調査」・「これまでの試行経験の交流」などを通じて、課題解決の検討や試行拡充の方策の検討をし、海水浴の可能性の検討と政策提案を行います。

海水浴を可能にするうえでの解決すべき事項の把握・検討(1年目)
現在海水浴ができる場所の実態と問題点、遊泳禁止の場所の実態と海水浴を可能にするうえでの解決すべき事項(海水浴場水質基準、管理体制、危険生物、遊泳禁止の規制等)、海水浴復活のための努力・試行が続けられている場所の実態と問題点について行政と共に把握・検討を行います。

東京湾奥のいくつかの地域での海水浴の復活に向けた方策検討と政策提案(2年目)
上記に基づき、海水浴復活に向けた水質向上や安全管理、危険生物除去等の方策や遊泳禁止規制の見直し条件を行政と共に検討し、政策提案を行います。

東京湾奥のいくつかの地域での海水浴復活を目指した試行充実の提案(3年目)
海水浴復活を目指し、いくつかの場所で「水に触れる」、「泳ぐ」という試みを拡充する政策提案を官民と共に行います。

平成28年度活動報告
〇東京湾での海水浴復活の方策に関するヒアリングの実施。
 ・城南島海浜公園ヒアリング調査をとりまとめ、PTに報告し討議する。
 ・大田区ふるさとの浜辺公園、東扇島東公園のヒアリング調査を実施する。
 ・政策提案についての検討。

平成28年年5月23日:城南島海浜公園でのヒアリング調査実施
平成28年年11月7日:大森ふるさとの浜辺公園及び東扇島かわさきの浜でのヒアリング実施
平成29年1月18日:ふなばし三番瀬海浜公園及び横浜海の公園でのヒアリング実施
※現在、ヒアリング結果とりまとめ中

平成29年度活動計画
・調査ヒアリング結果のとりまとめ検討
・「政策提案」(案)の作成


浅瀬再生実験PT

生きものにとって浅瀬が最高の遊び場、生活の場所、浅瀬は大切
つくろう浅瀬、最初は実証実験をめざします(老朽化し役割転換が必要な直立護岸を浅瀬に再生する取組を実験的に行い、そのモデル事例)をつくろう

1.名前

本PTは、「東京湾浅瀬再生実験PT」と称する。(PT長 (株)つり人社 鈴木康友 取締役会長)

2.ミッション

老朽化し役割転換が必要な直立護岸を浅瀬に再生する取組を実験的に行い、そのモデル事例を確立し、水質環境、生態系の変化を評価することにより、東京湾全体の環境改善に資する効果も検証し、政策提案を行う。

3.具体的な活動内容

① 浅瀬の再生事例の抽出及び情報収集(実地調査含む)
② 実施場所候補の検討(場所の抽出、制約条件整理)
③ 並行して環境負荷側面の情報収集などの実施
④ 具体的な個別実施場所における全般環境、再生方法、再生技術、具体的な費用のシミュレーションの実施など
⑤ 並行して、現地関係者との調整や市民参加調整など
⑥ 資金調達活動
⑦ 浅瀬再生モデル事例のまとめ、政策提案
⑧ 浅瀬再生の実験(経過報告などの情報発信含む)

≪スケジュール予定≫
一年目:(1)、(2)
二年目:(3)、(4)、(5)
三年目:(6)、(7)(政策提案)
四年目:(8)

平成28年度活動報告
第1回東京湾浅瀬再生実験PT会合
◇日時:平成28年9月5日(月)
 ・千葉県漁連の取り組み 
 ・今後の具体的な活動内容とスケジュール感に関して・「浅瀬」のイメージに関して 
 ・スラグに関して
第2回東京湾浅瀬再生実験PT会合
◇日時:平成28年11月25日(月)
<話題提供・事例研究>
 ・増田氏の「有明海・八代海での干潟・浅場再生実験」事例紹介
第3回東京湾浅瀬再生実験PT会合
◇日時:平成29年1月27日(金)
<話題提供・事例研究>
 ・横浜市 林氏の「横浜市の水際線利用の現状」に関して

平成29年度活動計画
第4回東京湾浅瀬再生実験PT会合
◇日時:平成29年5月24日(水)
<話題提供・事例研究>
・東京都 港湾局 臨海開発部 海上公園課の「東京都の取り組みに関して」
第5回東京湾浅瀬再生実験PT会合
◇日時:平成29年7月27日(木)
<話題提供・事例研究>
 ・横浜技調「潮彩の渚」見学会
 (国土交通省 関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所の人工干潟の見学)
●潮彩の渚見学会
 潮彩の渚は大正時代に内務省の造船所として造られた。1961~1962年に造成した桟橋が老朽化したため、桟橋を取り壊し撤去。その場所に、地震に強い港湾施設と海の生物が共存できる構造を再現し、その結果を実験的に実証しながら、護岸の補修や補強に活かしていくことを目的として、2008年2月29日に竣工された干潟・磯場等環境実験施設が潮彩の渚。
●座談会
 遠藤敏雄様(国土交通省 関東地方整備局 横浜港湾空港技術調査事務所所長)参加のもと、当日の参加者15名で実施。

潮彩の渚
潮彩の渚 平面図
潮彩の渚
干潟での生きもの探し、アサリ、岩ガキ発見
潮彩の渚
人口干潟の切っ掛けとなった原風景
(堤防で一見仕切られているように見えますが、が海水の行き来が行われています)

東京湾の窓PT

東京湾にも干潟があるよ。楽園干潟施設のネットワークをつくろう

1.名前

本PTは、「東京湾の窓PT」と称する。(PT長 谷津干潟ワイズユース・パートナーズ 芝原達也)

2.ミッション

東京湾の保全に向けて普及啓発と参加・行動の機会の充実を図り、機関や施設、公園、団体の連携の仕組みについて検討実施し、東京湾の文化的資源の再構築・価値化、利用の推進を図り政策提案に結び付ける。(東京湾の文化的資源とは、自然・環境資源、人的技術伝統資源、産業資源、なども含む)

3.具体的な活動内容

① 連携促進の検討、教材の企画(1年目)
 ・PTのメンバーを募り、アンケート調査等で課題や連携の阻害要因を分析する。
 ・これを元に、教材の内容を検討し企画内容を固める。
 ・これらの活動を中間報告として東京湾大感謝祭で発表する。
② 教材の制作、まとめ(2年目)
 ・教材を制作(この段階は試作・原型)し、連携を図る方策をとりまとめる。
 ・東京湾大感謝祭で、連携についての政策案(まとめ)と試作した教材を発表し、モニター先(教材の活用試験)を募集。
③ 教材の評価と改訂、本格制作(3年目)
 ・教材の評価を受け、改訂内容を検討した後、一定の普及を目指して本格的な制作をし、配布。
  教材の配布は東京湾大感謝祭で発表。
 ・政策提案内容の一部を現場レベルで試行。教材制作の評価を中心にPTを総括し、「東京湾の文化資源」目録づくり等、連携のための新たな方策について検討して、オリンピック開催を踏まえたより実効性の高い政策提案をする。

≪スケジュール/予定≫
 2016年:プロジェクトメンバー募集、連携推進と教材の企画会議
      大感謝祭で中間報告。
 2017年:連携推進と教材の編集会議。大感謝祭で試作教材を発表し、モニター募集。まとめの実施。連携活動の充実。
 2018年:教材の本格制作と配布。前年の提言の一部を試行し、オリンピック開催を踏まえた政策提案を提出。

東京湾感謝祭2016
東京湾の窓PT 感謝祭展示風景

平成28年度活動報告
第1回東京湾の窓PT会合
◇日時:2016年7月13日(水)東京湾PTの趣旨について
 ・PTへの展開・期待について(課題の共有)
第2回東京湾の窓PT会合
◇日時:9月27日(火) 
 ・大感謝祭への出展企画、施設団体リストやフォーラムのイベントカレンダーについて検討
◆東京湾大感謝祭出展
出展日:10月22日(土)・23日(日) 
 ・東京湾大感謝祭出展「東京湾わくわく・体験スポット案内所」 9名
 ・東京湾岸マップ及び各施設、団体の紹介パンフレットの配布、体験コーナー運営
第3回東京湾の窓PT会合
◇日時:12月6日(火)
 ・大感謝祭出展のふりかえり、パブリック・アクセスPT及び東京湾体験ニーズの掘り起こしについて意見交換
◆東京湾環境学習フォーラム協力
◇日時:2月5日(日)
 ・東京湾環境学習フォーラム(主催:浦安三番瀬を大切にする会)への協力 5名
 ・風呂田氏による講演会、PTメンバーと地元の団体・博物館職員によるパネルディスカッションを「みぢかな海をどう活かすか」というテーマで実施

平成29年度活動計画
第4回東京湾の窓PT会合
◇日時:4月11日(火)
 ・今までの議論の整理とこれからの報告性について検討
  東京湾の窓としての評価、既存施設等の活用
  各施設の東京湾の視点について、湾から見た施設の評価と役割
  東京湾の窓の活用
 ・東京湾環境学習フォーラム協力の報告
第5回東京湾の窓PT会合
◇日時:8月23日(水)
  ・東京湾大感謝祭2017の出展について ・スタンプラリー結果報告と、今後の方向について

スタンプラリー
東京湾の施設を巡るスタンプラリー
↑画像クリックでファイルが開きます

バナースペース

東京湾再生官民連携フォーラム事務局

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-1-10
第2虎の門電気ビルディング4階
(一財)みなと総合研究財団内

TEL 03-5408-8298
FAX 03-5408-8741